小千谷縮
小千谷地方で産する麻の縮織物、越後縮。
お召し(御召縮緬)
生糸を織った後に精錬する縮緬に対してお召は織る前に糸を精錬して色染めする先練織物(さきねりおりもの)の代表である。
本絹糸の精錬染色した縦糸横糸を用い、これに濃い糊付けをして、乾かぬうちに強い撚りを加え製織し、のちに微温湯の中で強くもんでしわよせを行い、乾燥後幅としぼを均一にする
ため湯のし仕上げをする。
徳川11代将軍家斉(いえなり)が好んで着用し、後世宮中のお召料となってからお召と言われ、天和年間(1681ー84)に製織された柳条縮緬(りゅうじょうちりめん)がお召の先駆けと言われている。

錦紗(錦紗縮緬・きんしゃちりめん)
普通の縮緬より薄地でしぼが細かくしなやかにみえる。染め生地として用いられた。

紗(しゃ)
生糸を絡み織りしたもので織り目が粗く薄くて軽い。明代には金箔を刺繍あるいは織り込むなど雅趣あるものができ、やがて絽織りを産するに至った。1730年桐生で紗を織るのに成功した。
繻子(しゅす)
朱子とも書く。英語のサテン(satin)にあたる。
織物の表面に糸が長く浮き出て並んでいるため光沢に富む。
繻子が日本で織り出されるようになったのは近世になってのこと。
天正年間(1573ー92)京都の織工が中国の技法にならって織り始めたと言う。
文様を織りだした紋繻子、縞を織りだした柳条(しま)繻子も織られだした。
ジューゼット(絹ジョーゼット)
薄地の縮緬の一種、クレープジョーゼットの略。
縦横の強撚糸を用いて縮緬様の仕上げを施した絹織布、薄く夏用。紋織りしたものもある。
上布
上質の麻糸で織った軽く薄い織物。夏の着尺地とする。
越後上布、薩摩上布なお。


縮緬(ちりめん)
絹のちぢみ織りの一種
生糸を織ったのちに精錬(繊維中の雑物を除き繊維の特性を発揮させて、完全な漂白および染色をなす準備工程)する。
縦糸には撚りの無い平生糸を用い、横糸に右撚りと左撚りの撚糸(ねんし)を通常2本づつ交互に打ち込む。
織りあげた物を熱湯処理して精錬し、しぼ(糸のちぢみによる細かい凸凹)を作る。
桃山時代に中国からその製法が伝わった。泉州堺で織りだし後に京都の西陣に伝わったと言われる。
産地によって 丹後縮緬、長浜ちりめん、岐阜縮緬などがある。
左右の撚糸が横一越づつ交互に入っているのを一越縮緬(ひとこしちりめん)と言い、しぼが非常に細かい。

紬(つむぎ)
絹の紬糸を使って織った織物。
紬糸とは真綿(糸に出来ないくず繭を引き伸ばし乾燥した絹の綿)から引き出した糸、もしくは玉糸(一つの繭に二つのさなぎが入ってできた玉繭から取った太い節の多い糸)を言う。
一般の絹織物のような光沢が無く一見綿織物のように見えながら、絹の持つ独特な底光がありしぶく目立たないため江戸時代からおしゃれ好きの町人の間で賞用された。
特に上質なものは 結城紬、長井紬(米沢地方)、上田紬(信州)、琉球紬、大島紬等である。

羽二重(はぶたえ)
縦糸に撚りをかけない生糸を用い平織りにした絹織物。
やわらかく上品な光沢がある。着尺、羽尺、裏地などに用いられる。

銘仙(めいせん)
江戸時代末期、玉糸か紬糸を平織りに織った紬織りのうちで比較的細糸薄地のものをめいせん(目千)と言っていたものが名の起こり。
絹織物としては丈夫で安価で美しいので一般大衆向き。

綸子(りんず)
絹の紋織物。
地織と模様織とが表裏反対の昼夜綸子に織ってある紋織物である。


絽(ろ)
絹の絡み織りの一種。
普通横糸3本5本あるいは7本を縦糸2本で絡め織ってあり、三越絽、五越絽、七越絽と称する。横方向に隙間が見え、軽く通風性がある。
たて絽は縦方向に隙間がある絽。
絽ちりめんは絽織りの縮緬。紋織りにしたものは紋絽縮緬と言う。